■伊香保焼陶句郎窯(とうくろうがま)
群馬県渋川市伊香保町にあり、伊香保温泉街からもほど近い場所にある陶芸工房です。

 
■幻の伊香保焼の復活
明治11年、陶芸家の篠田仙果が伊香保に移り住んで始めた伊香保焼。仙果の他界とともにその歴史は途絶えてしまいました。「陶句郎窯」主宰の木暮陶句郎が伊香保焼について書かれた書物を元に独自に研究を重ねてきました。粘土と釉薬に伊香保温泉の「湯の花」を使用する独特の製法です。鉄分の多い湯の花を用いることで、陶器は黄色、茶褐色、黒などさまざまな色合いに変化します。
 

■初めての方も気軽に陶芸体験
陶句郎窯では、どなたでもご参加いただける陶芸体験を行っています。旅行の思い出に、幻の伊香保焼をご自分の手で作ってみませんか。スタッフが丁寧に教えますので、本格的な作品をおつくりいただけます。

大正浪漫を代表する画家、竹久夢二の記念館と隣接しています。体験の前後にお立ち寄りいただくのもおすすめです。皆さまのお越しをお待ちしております。







■陶芸 ■木暮陶句郎 器とカフェ Kutouten
陶芸体験案内   プロフィール    
伊香保焼工房   作品(陶芸・俳句)   アクセス
電動ロクロ体験動画   個展案内    
        お問い合わせ
■俳句        
夢二忌俳句大会       トップページ
ひろそ火/インターネット句会        
俳句教室案内